まなぼうや通信

パソコンの足踏み状態から一歩前進しよう

パソコンを使いこなせなくてイライラすることはありませんか。IT講習などに携わってきたパソコン好きが集まって活動しているボランティアグループLG5を紹介します。これを読めば、あなたの悩みの解決の糸口になるかもしれません。

ボランティアグループLG5ってなに?
 ITサポートを主な活動にしているボランティアグループです。「レディー3名ジェントルマン2名でLG5」という分かりやすいネーミング。代表の服部了(さとる)さんは、長年会社で培ってきたパソコンのノウハウを、定年後は地域のため生かしたいという思いで始めたそうです。平成17年度、四日市市の「個性あるまちづくり支援事業」に採択されました。なお、5人は「NPOよかぽん」に所属し、受講者のニーズに合わせた、有料のワンコイン講習もしているそうです。

こんな経験ありませんか?
    ・パソコン講習を受けたものの思うように使えない。
    ・ 講習で使った機種といつも使っている機種が違うのでとまどってしまう。
    ・ 自宅にパソコンはあるが、触る勇気がない。(まったく初心者の方)
    ・ マニュアル本を読んでもさっぱり理解できない。
    ・ インターネットやメールは見るだけで入力や送信ができない。
    ・ 簡単なソフトをインストールしたいけど、やったことがないので不安です。

かゆいところに手が届くような相談会
  ボランティアグループLG5では、各地区市民センターにて、上記のような方を対象とした無料の相談会を開催しています。個別に分からないことや自分のノートパソコンを持ち込んで教えてもらうこともできます。(ただし、パソコン本体の故障や修理に関する相談はできません。)

市民センターでの指導風景
  大矢知区市民センターで、指導状況を取材しました。当日は初めての相談会だったこともあり、パソコンの初歩を教えて欲しいという人が大分いました。まず使ってみて、分からないことを相談して欲しいとのことです。でも即座に希望に対応して、グループ指導していました。

指導を受けた人の感想
    ・ 自宅のノートパソコンを持ち込みできるので、子どもの旧型パソコンが再利用できそう。
    ・ 入力に関する素朴な疑問が聞けた。ローマ字や小さい文字(LTUと入力すると「っ」になる)
    ・ Eメールに関するいろいろな疑問に答えてもらえた。

分からないところを個別に、丁寧に教わっています

パソコンの初歩から教わった人


パソコンを開いたところからの手順について説明を受けています

パソコンを使っていると必ず分からないことが出てきます。一般には教えてもらう人がいて、徐々に上達していきます。LG5は、教えてもらう人がいない人の強い味方でしょう。説明本で勉強していて、分からないところを教えてもらうとか、独力で習得できるレベルになれるよう指導してもらうのも、一策ではないでしょうか。

平成17年12月の相談会の予定表
三重地区市民センター(東坂部町71-2Tel.32-1559)
日時:12月6日(水)午前
内部地区市民センター(采女町857-1Tel.47-1219)
日時:12月14日(水)午前

LG5の活動は、以降定期的に続けられます。
詳細は下記に問い合わせてみてください。
Tel.&Fax.0593-22-7903(担当:杉原)
e-mail:yokaponLG5@infoseek.jp
http://www.geocities.jp/lg5sp/index.html

<<戻る