まなぼうや通信

ドイツを知るにはドイツ語から 「三重日独協会」

ご存知ですか?2005年から2006年にかけては、日本におけるドイツ年。6月はFIFAサッカー・ワールドカップがドイツで開催されます。これからはドイツに興味をもつ人が増えてくるのではないでしょうか。ドイツを知るには、まずドイツ語からということで、四日市でドイツ語を学習しているところはないかと調べてみました。

見つけました!三重日独協会
「国際交流は、戦後から主流のアメリカに加え、グローバル化の波にのって欧亜各国への関心が高まっていますね。」と語る、三重日独協会の方にお話を伺うことができました。三重日独協会は、2004年12月 鈴鹿国際大学学長 武村泰男氏を会長とし、ドイツ語圏(ドイツ・オーストリア・スイス)の文化・学術・社会・経済などについて理解を深め、交流を推進していくことを目的に設立されました。

こんな活動しています!(ドイツ語学習だけじゃない)
  設立総会以来、例会・ドイツ語会話教室・ドイツ料理教室・クリスマス会・音楽会(後援)などが行われています。コーラス・サッカー・映画鑑賞などにも交流の輪を広げてゆく計画とのことです。
 その中から四日市における主な活動を紹介します。


2005年 10月〜12月  第1回ドイツ語会話教室  じばさん三重にて
2005年 10月19日    カトリーン・ショルツ&ベルリン室内管弦楽団のコンサート   
                                四日市市文化会館 にて
2006年 1月20日〜 3月24日  第2回ドイツ語会話教室 全10回コース 
                    毎週金曜日 18時半から20時半  じばさん三重にて
2006年 10月15日   ドイツの合唱団と合同演奏
              ボンのシュティフツ コアの110 周年記念日本演奏会で、
              ともにベートーベンを歌う。
             
(詳細は広報よっかいち・2006年2月下旬号2ページに掲載               四日市市文化会館第1ホールにて
2006年   未定      第3回ドイツ語会話教室 (検討中

第2回ドイツ語会話教室
  1月20日から3月24日までの毎週金曜日18時半から20時半、じばさん三重にて 有料ですが全10回コースで開催中。講師は三重大学ドイツ人留学生パスカル・ナウディートさん。受講生は、学生から熟年の方まで幅広く、旅行、国際交流など目的意識を持って受講されています。同協会によると「初心者が参加しやすいように毎回前半は入門コース、後半は会話練習を主としています。若いドイツ人のネィティブな話が貴重です。」とのことです。
  日本語の上達を目指す講師のパスカルさんと受講生との間で、ドイツ語と日本語を交えた会話のやりとりは、お互いの語学力の向上に役立っているようです。


 写真は、ドイツ語会話教室の様子。ドイツ語と日本語のキャッチボール。
力強い音楽のようなリズムのあるドイツ語が印象的です。
興味のある方、協会へ入会したい方は、下記まで問い合わせください。

問い合わせ
三重日独協会事務局:Tel. 059-227-0687(大河内)  E-mail okochi_tomoko@mac.com

四日市市内の連絡先:Tel. 059-351-4843(池田)
               Tel. 059-351-8031(豊田)


                                     ドイツの絵葉書

☆日本におけるドイツ年2005/2006とは
ドイツ政府が中心となり、伝統的なものから現代までのドイツを総合的に日本に紹介することを目的としたプロジェクトです。日本各地でドイツ政府や各州、文化学術関係機関、民間企業、各地日独協会、姉妹友好提携自治体、個人とさまざまな母体を主催者とする、多種多様なイベントが開催されています。詳細は下記HPをご覧ください。
・日本におけるドイツ年公式サイト http://www.doitsu-nen.jp/index_JA.html
・東京ドイツ文化センター      http://www.goethe.de/ins/jp/tok/ver/jaindex.htm

<戻る