まなぼうや通信


地域住民による地域住民のための地域住民のホームページ
http://www.tokimati.com/

常磐地区の有志が地域の人々へ、「常磐地区の情報」を素早く伝えることを目的として、地域住民が運営するホームページ「常磐地区ホームページ」を立ち上げ運用しています。

ホームページ立ち上げの目的
  常磐地区市民センターを核に「常磐地区ホームページ」を創設し、迅速で役に立つ情報の発信をし、さらにはこの運営を地区住民が行いながら、自らもパソコン技量の向上を図って行くこと目的にしています。

ホームページ立ち上げの背景

  常磐地区は利便性が優れているので、近年アパートやマンションが増え人口が急増しています。このことは年齢層の若返りにはなりますが、地域への関心はいまひとつ盛り上がりに欠けます。今やインターネットの普及により老若男女を問わず、居ながらにして社会情勢を取得できる時代を迎えています。そこで「常磐地区ホームページ」により、身近な地域情報を発信して、常磐のまちづくりを側面から盛り上げようとつくられました。
上の写真を見ると住民が増加したため、沢山のアパートやマンションが立ち並び、更に建設中の高層マンションが建設中があります。

立ち上がるまでの経緯

  このホームページは、公募で集まった、パソコンやホームページに関心のある、常磐地区の人たちで構成される「常磐地区ホームページの会」が中心になって運営されています。会員はホームページづくりは初めての人がほとんどでしたが、平成16年に「三重県環境学習情報センターホームページ出前講座」を受けたり、会員同士の教え合いによりその技術を身につけることが出来ました。 このようなしっかりしたホームページが立ち上げられたのは、メンバーの中のホームページづくりの知識が豊富な人たちが、会員のつくったコンテンツを旨く整理してくれたおかげです。
上の写真は、常磐地区市民センターでの「三重県環境学習情報センターホームページ出前講座」受講風景です。

活動の内容

  毎週水曜日に例会を持ち、それぞれの会員がつくったコンテンツの協議をしています。また新たな取材方針もそこで協議されます。
  つくられたコンテンツは、原則として月2回第2、第4土曜日にアップロードします。
また、会員が習得した技術や知識を地区市民センターが主催する「パソコン入門講座」などの場で講師として提供しています。
左の写真は、例会で次回の更新内容を検討しているところです。

 

 コンテンツの中には「ちょっと見てよ!」というコーナーもあり 、住民が誰か他の人にも見て欲しい時、たとえば時節に合った風物や、自作の作品などがあれば、投稿できます。
たとえば左の写真は、常磐地区ホームページにアップされたものではありませんが、今年7月1日に記者の家で咲いたサボテンの花です。 ひとつの花の直径は約15センチです。  花は、日暮れに咲き出して、翌日の午前10時ころまで咲いています。というような記事をホームページ上にアップすることができます

運営経費
  資材増強などの事業費は四日市市の「個性あるまちづくり支援事業」の補助金と会への寄付(一部負担金)で、またプロバイダーへの接続料は常磐まちづくり会議で負担してもらっています。   他の運営費は会費と寄付金でまかなっています。

期待される効果及び今後の活動について
  @「常磐地区市民センター」や「常磐まちづくり会議」関連団体の定期刊行物、地域の行事予定、学校開放を利用した各種活動予定などの早期公開により地域活動の活性化が図られています。A地域住民の趣味作品の公開などにより交流の輪が広がります。B地域情報に触れる事により住民の居住地区への愛着心を育みます。C市民へのIT化の啓蒙促進などです。
  今後の新たな活動目標としては、ユニバーサルデザイン(アクセシビリティ)を考慮し、住民にもっと受け入れられるホームページづくりをしたいと考えています。また会員の輪を広げ、次世代へホームページを引き継いで行きたいと思っています。

問い合わせ
団体名:常磐地区ホームページの会
所在地:常磐地区市民センター内 常磐まちづくり会議内
事務局:Tel 059-352-1852
e-mail:tpasocon@tokimati.com
ホームページ:http://www.tokimati.com/

<戻る