まなぼうや通信

「ハーモニカ」に魅せられて!

優しく・せつない郷愁の音色、小中学校の音楽の時間に学んだ「ハーモニカ」
この「ハーモニカ」に魅せられて、現在も大切に仲間と演奏活動されている皆さんがおられます。

それは「さわやかアンサンブル(三重ハーモニカ協会)」 の皆さんです。

                     
発  足
  2003年、福祉施設でハーモニカ演奏をしていた数名の仲間が母体となり、サークルとして活動を開始し、2004年に「さわやかアンサンブル」が正式にスタートしました。

メンバー
  四日市市・鈴鹿市・津市など20数名の方々で平均年齢60歳後半、最高齢の方は80歳を超えておられます。

練  習
 1回3〜4時間で月2回(四日市市なやプラザと鈴鹿市)の練習をされています。個人やパート別、そして全体の練習、時には屋外での練習もあります。

 
パート別練習   大きなハーモニカ“コードハーモニカ”


演奏方法
 ハーモニカには多くの種類があり(複音・バス・コード・クロマティックなど)これらの組合せでパートが決められ、全体の合奏がされます。これは、メンバー全員参加ができるハーモニカオーケストラ(高音域・中音域・低音域そしてパーカッション担当)として演奏されます。

 また、演奏者のレベルと当日の参加人数などによりソロ・デュエット・トリオ・カルテット・クインテットなどの演奏をされることもあります。指導は、メンバーの中から経験豊富な技術の高い方が当たります。

 
全体演奏練習   練習の合間 和気あいあいと・・・・・・・

レパートリー
  童謡、ナツメロ、歌謡曲、TV主題歌、クラシック、外国の曲など多数あり( 北の国から、エーデルワイス、ふるさと・・・・)、TPOで選曲されます。

ボランティア活動
 桑名・四日市・鈴鹿・津の各市社会福祉協議会と連携し、福祉施設を訪問し優しい心の時間を届けます。駅やデパートなどの街頭演奏も開催しています。

発 表 会
 毎年秋に定期演奏会を行っており、2006年は11月に四日市市総合会館で開催されました。2007年は、10月に鈴鹿市文化会館で開催を予定されています。
  また、2006年秋に名古屋市で開催された中部ハーモニカ連盟「アンサンブル・フェスタ」に出演されました。  

                                             
2006年秋  名古屋市での発表会 

魅力そしてダイエット
 吹いて・吸って腹式呼吸で演奏すること、姿勢を正して肺活量の活性を促すことから健康の保持にも役立ち、またダイエット効果もあるそうです。

将来に向かって
  2003年には、日頃の活動に対し全日本ハーモニカ協会から「第25回日本ハーモニカ賞」を受賞されました。この先、更に新しいメンバーにも参加してもらい、もっと多くの曲をマスターし、演奏活動を行おうと意欲的に活動されています。

 さ〜 あなたもハーモニカの 

     魅力にチャレンジしてみませんか! 

 

メンバーに入りたい方、演奏の依頼などありましたら下記までお問い合わせください。

             問い合わせ:三重ハーモニカ協会理事
                   辻 英郎 Tel/Fax 059-386-6324
                   永野 富康 Tel/Fax 059-262-4408

<戻る