まなぼうや通信


弾ける汗と躍動! それは、“舞華(まいらんか)

全国各地で急速な広がりを見せる“よさこい祭り”。四日市市内にも幾つかの“よさこい”チームがあります。そんな中で大活躍中の女性チーム“舞乱華”の皆さんを紹介します。

昨年秋のやったろ舞にて
昨年秋の四日市よさこい祭り“やったろ舞”にて

始まり
 市内のスポーツクラブのメンバーが“YOSAKOI”に魅せられて4年前にスタート。 三重県のチームなので「一生に 一度はお伊勢さんに参らんか」から“舞乱華”と名づけられました。

メンバー
 四日市市・桑名市・鈴鹿市の女性ばかり、20〜50代の19人です。

練 習
 楠町体育館とゆめの木で週1回、2〜3時間、発表が近いときには週2回の練習をします。  

練習風景1
練習風景2
練習風景3
汗も飛び散る真剣な練習風景

発 表・衣 装・曲
 四日市よさこい祭り“やったろ舞”などの大きなフェスティバルへの参加や、何回かの施設慰問などがあり、年間10回ほどの発表の機会があります。
 発表時の衣装には、チームの思い入れがあり、“舞乱華”では、全員揃いのねじり鉢巻・鳴子入れに赤いズボン・地下足袋、そして県花「花ショウブ」の法被で統一され、シンクロと躍動で感動を呼び起こします。手に持つ鳴子や旗などでも一層の盛り上げをします。 オリジナル曲“百花繚乱”を主に“鈴鹿馬子歌”なども発表します。
 平成20年の大きなものでは、8月初めの「すずかフェスティバル(鈴鹿市)」、10月「御台所祭(桑名市)」、11月「熊野古道まつり(熊野市)」、11月「やったろ舞(四日市市)」などへの参加を予定しています。

目 標
 8月末・名古屋市で開催される日本三大よさこい祭りの一つ、にっぽんど真ん中祭り(通称「どまつり」)に、100人規模の“舞乱華”で踊り、入賞すること。そして三重県と四日市市をアピールします。

Welcome “舞乱華“
 
体を動かす・踊る・躍動すること大好きな女性!年齢を問わずどんと参加してみてください。その魅力に、はまること受けあいです。 時間を忘れ“無”になれます。 発表の時は、練習で苦労した分だけ、汗を流した分だけ、かっこ良く楽しみ、そして弾けます。
待ってまーす
               みなさん、ぜひ参加してみてくださいね。待ってま〜す!

問い合わせ  代 表 : 田端      Tel:059-326-7685

戻る