まなぼうや通信


                生涯学習の達人

 今回は、こどもスペース四日市の理事長をされている水谷孝子さんを、ご紹介させていただきます。

 平成14年に完成した手作り感あふれる事務所に、お邪魔させていただきました。ここは、利用者が安心して集える居場所として作られました。子どもから大人まで利用することができます。随所に子どもの遊び心をかきたてるような工夫がされています。
  最近の子どもを取り巻く環境が、悪くなってきていると水谷さんは話されます。現代社会が、便利になったおかげで、昔なら、時間を忘れて遊び、子ども同士の色々な遊びを通して体験していたことができなくなってきています。遊びには、時間、空間、仲間の「三つの間」が大事で、遊びを通して社会性とかコミュニケーション能力が育っていくのではないかと。水谷さんの語り口は、聞く人をとりこにする魅力にあふれていました。


 
さわやかな笑顔

 次世代を担う子どもたちと親のためにできることを考え、時代のニーズを取り入れ、その解決に向けて頑張っています。水谷さんの活動は、ますます重要になってきています。

 

 

戻る