まなぼうや通信

食でコミュニケーション 「食楽会」

 健康な食生活をモットーに、調理実習の活動をしておられる「食楽会」の料理教室に、まなぼうや記者も参加。会員のみなさんと楽しく作って、食べて、取材をさせていただきました。

始まりは
  三重県長寿社会大学11期生の有志35人が、平成14年10月に「食楽会」をつくりました。現在の会員は60から80歳代の20人です。
  高齢者が元気で長生きするために、より良い食生活習慣を身につけて、男女とも自分のことは自分でできるようにして、楽しく豊かに生きる… をめざして始まりました。
  当初は、毎月1回 料理教室を開いていましたが、最近は教室の確保が難しく、年に数回しか開けません。毎月1回料理教室を開くことが会員さんの望みです。
 かつては、写真のように、「おじいちゃん、おばあちゃんとお料理をしよう」をテーマに、夏休みのお孫さんと一緒に楽しく実習したこともあります。
  また、食べることの好きな会員さんは、おいしい料理を求めて買い物ツアーや食べ歩きを楽しんでおられます。



 
そば打ち体験
 
買い物ツアー

活動風景
 
 今回のテーマは、「エコ・クッキング」。 参加者は、男性4人、女性11人と記者2人の17人で、教室は東邦ガス且l日市営業所の料理教室です。
  “エコ・クッキング”は、講師のアドバイスが参考になります。土鍋でごはんを炊くと、短時間で炊けるので、エネルギーが節約できます。白玉粉に一気に水を入れ、柔らかくなりすぎた時は、余分な水分をフキンで絞るというウラ技もあります。
  段取り良く次から次へと、料理が出来上がっていき、約1時間で4品の料理が完成しました。



                    実習中 生ごみはチラシで作った“ごみ入れ”に…

今日のメニュー

とうもろこしごはん
焼きしゅうまい  
ザーサイのスープ
変わり白玉     

 

 


                    お楽しみの “試食タイム”… おいしくいただきました。

  「おいしーい」、「家でも作ろう」と話もはずみます。
  8月30日には、四郷地区市民センターで料理教室を開きますが、管理栄養士の馬瀬智寿先生を講師に「ヘルシーでおいしい料理」の実習を行います。
  食楽会では、会費は決めずに、その都度実費を集めています。

 
料理に関心のある人募集中
 「食楽会」を長く続けていくためにも、会員が増えてほしいと願っています。一度教室をのぞいてみてはいかがでしょうか。

問い合わせ先 松本敬治さん  Tel 059-363-8638


戻る

〔お詫び〕
 情報誌「まなぼうや通信19号」において、当課での編集段階で誤った記述をしてしまいましたので、ここに訂正し、お詫び申し上げます。(四日市市 文化国際課)

【誤】

 今回は、「“エコ・クッキング”おじいさん、おばあさんとお料理をしよう」をテーマに、夏休みのお孫さんと一緒に楽しく実習しました。

【正】

 かつては、写真のように、「おじいちゃん、おばあちゃんとお料理をしよう」をテーマに、夏休みのお孫さんと一緒に楽しく実習したこともあります。
 
  今回のテーマは、「エコ・クッキング」。 参加者は、男性4人、女性11人と記者2人の17人で、教室は東邦ガス且l日市営業所の料理教室です。