まなぼうや通信


四日市の魅力 ☆ ご案内します!

 NPO四日市案内人協会

話題のコンビナート夜景クルーズ 「よっかいち満喫プラン」 に組み込まれた末広橋梁、臨港橋の案内をしているのが 「四日市案内人協会」 のみなさんです。四日市のことをもっとたくさんの人に知ってもらいたい! という熱い思いで四日市の素晴らしさを発信しています。

目印は蛍光グリーン

 10月最初の土曜日、末広橋梁の説明板の前で、四日市案内人協会のスタッフがクルーズ参加者を乗せたバスを待ち受けていました。目印は蛍光グリーンに “こにゅうどうくん” のベスト。一目でわかるようにと、おそろいで作りました。



強風の中で、おそろいのベストがたのもしく見えました。


  平成20年の「ふるさと四日市検定」に合格した人たちが中心になって、四日市の誇り、良さを多くの人たちに知ってもらおうと活動を始めました。
  現在は、四日市市の観光振興のために、ボランティア活動を幅広く行っています。

理念

  四日市を愛し、四日市を知り、四日市を語ります。

末広橋梁を通過するセメント列車

臨港橋が上がり、四日市清港会の清掃船 「かすみ」が通ります

活動は…

  毎月、市内各地の歴史散策会などを開催しています。
7月から11月までの毎週土曜日は、四日市港ナイトクルーズに協力して、末広橋梁(国の重要文化財に指定されている、大変貴重な現役の鉄道可動橋)、臨港橋(歩・車道橋)の案内を行っています。各種団体と連携し、さまざまな依頼に応じて、広く四日市の素晴らしさや情報を紹介しています。
  現在、会員は約100人(男女比6:4)、20歳代から70歳代で、主力は50歳代から70歳代です。


四日市の生き字引!


  メンバーはそれぞれ得意分野があり、「四日市の生き字引」と呼ばれる人もいます。
  四日市には誇れるものがたくさんあります! 特に、水沢のかぶせ茶や楠のハマグリ、万古焼土鍋の生産量はどれも日本一です。そして、大入道は山車の高さで日本一です。
  四日市自慢を話し始めたら止まらない… うれしそうな笑顔が印象的でした。


ツアー参加者に熱弁中のお二人

案内人ならではの楽しみは…

  個人ではなかなか聞けない話が聞ける、いろいろなところへ行ける、四日市を再認識できる、案内先の方々が暖かく迎えてくださる… そんな貴重な収穫は、案内人ならではの楽しみです。

秋の運河は爽快でした

問い合わせ先
  
代表 飯田明夫さん
  四日市を知りたい方、活動に参加したい方、どうぞ気軽にご連絡ください。
Tel. 059-322-0590 (事務局 ・フコク印刷内)
http://www.cty-net.ne.jp/~k-1/yokkaichi/index.html


戻る