まなぼうや通信


周辺の景色が素晴らしい!  菰野調整池(きらら湖)

雲母峰 (きららみね) の麓に、静かにきれいな水をたたえた美しい湖、菰野調整池があります。三重用水管理所近くの駐車場からは、ダムの背景となる鈴鹿山脈や遠く養老山脈なども望めます。ウオーキングをしてストレス解消、管理所施設を見学し、安定給水システムが守られていることを知ることができます。

ウオーキング

  調整池の周囲は2Km、景色を見ながら歩くと一周30分ほどでしょう。2月の梅、4月の桜、5月のツツジ、初秋には萩、おみなえし、11月の紅葉・・・ と季節ごとの景色が楽しめます。雲母峰を写す湖面を見ると、いつ訪れても癒されます。

 池の北西方向に導水路があり、勢いを弱める壁石の間を流れ落ちる滝のような水を見ることができます。

施設見学
  市民のみなさんに安定給水のことなどを知ってほしいと、三重用水管理所では施設見学を受け付けています。



  野外の案内板では、全体の給水システム等が判り易く紹介されています。年間ナゴヤドームの40杯分の給水、自然落差を利用して5つの池がつながっていて、取水、貯水、給水をするシステムなどが説明されます。遠く藤原町にある中里貯水池から水が送られてくることを知り、感謝せずにはいられません。
  管理所内ではパソコンが何台も作動していて、見学に行くと大型のモニターにデーターが映し出されます。各取水口のリアルタイムの情報、システムに必要な情報すべてが集中管理されています。池の深さごとに水温を把握し、給水先に適した温度の水を供給しているとお聞きして、驚くばかりでした。

参考情報

5つの池(標高の高い順)
  打上調整池 (水嶺湖)、 中里貯水池 (鈴養湖) 、宮川調整池 (福王湖 )、菰野調整池 (きらら湖) 、加佐登調整池 (白鳥湖) これらは、水を送るのに費用がかからない経済的な貯配水システムになっています。

傾斜コアゾーン型フィルダム(菰野調整池)
  土で造られたダム (フィルダム) で、遮水壁が傾斜して造られています。

各取水口の取水条件
  三重用水は、川から水を取り入れていますが、川の下流で困らない維持流量を守りながら取水しています。また、適正な水を取水するためには、水路定点で水の水位を確認することがポイントだそうです。

マコモたけ
  ダムの東方下の畑に植えられていて、秋には収穫されるところが見られます。食べるとほのかに甘く優しい香りのある 「マコモたけ」を一度ゆっくり観察してみてはいかがでしょうか。

お寺めぐりウオーキング
  ダムの東方に4つのお寺があり、1時間半ほどで散策することができます。金剛寺、正念寺、延長寺、正眼寺、小さいけれども優しい懐かしい雰囲気のするお寺ばかりです。近くにゴルフ場もあり、入口から建物まで歩くときれいに管理された樹木が観られます。

四日市市の原水の構成割合(インターネットから入手)
  自己水(市内) 44.9%  自己水(東員町) 18.2%
三重用水系県水 23.4%  木曽川用水系県水 13.2%


問い合わせ先 
 独立行政法人 水資源機構 三重用水管理所 Tel. 059-393-2000 Fax. 059-393-1819

戻る