日常の題材を楽しみながら描きます 絵手紙教室

絵手紙教室は人気があり、各地区でも講座があるのではないでしょうか? そんな絵手紙の魅力を知りたいと思い、海蔵地区市民センターに取材に行ってまいりました。

絵手紙教室のスタートは…

  海蔵地区婦人会の主催で開催された生涯学習講座 「絵手紙教室」 を受講して、その時間がとっても楽しかったので、皆さんから 「絵手紙のサークルを立ち上げてほしい」 との声が上がりました。
  それがきっかけで、平成19年4月、サークル活動の 「絵手紙教室」 が始まりました。講師を森 永子 (ひさこ) 先生にお願いし、メンバー22人でのスタートでした。

森先生の海蔵教室では…

  楽しく!下手が良い! (上手に整ってしまうとつまらない) をモットーに、季節・行事・心にしみる言葉など日常の題材を描きます。最後には全員の作品をボードに張り、先生が講評をしながら、和気あいあいにお互いの作品を楽しみます。40歳代から70歳代の女性、約20人が現在活動中です。展覧会などにも出品しています。

2012.10.12教室の風景…

 まず墨をすり、次に半紙に線を描き、筆慣らし。ここまでを各自のペースで行い、先生のご挨拶で、さあレッスンの始まり! 先生が自作の絵手紙を使って本日のポイントを解りやすく説明されました。各自が干物などを持ってきていて、本日の課題“魚”を葉書2枚に大きく描き始めます。線で描くのにじっくりと時間をかけるので、部屋に静かな緊張感がただよいます。先生は皆さんの周りを歩きながら、アドバイス・質問に答えます。筆を変えて、思い思いのおいしそうな色を置き、一言を書き込んで完成! 皆さんとってもうれしそうでした。

絵手紙教室の魅力

  「先生や仲間が、とても上手に作品をほめてくれます。幾つになっても、認められるのはうれしいです」 「描くのに集中することで、日常生活では使っていない脳の部分を使うので、教室のあとはスッキリとした感じがします」…  などなど、絵手紙の魅力をお聞きしました。

今後の抱負

  旅先で絵手紙が書けたら良いので、風景や植物などを屋外で描く事に取り組んでみたいとのことでした。

問い合わせ先など

  例会:各月・第一火曜日 午後1時30分から
  会費:半年分まとめ払い 4000円

 
絵手紙を楽しんでみようという方、女性に限りませんので、どうぞ気軽に参加してみてください!
  代表 日比いく子さん Tel. 059-331-3741

戻る