まなぼうや通信


町の活性を目指して活動します「城東シニアクラブ」

地域社会への貢献、高齢者の親睦、生きがい、支え合いなどの活動を通して町運営の潤滑油的な役割となり、また、子どもたちへ昔の出来事と遊びの伝承を願って活躍する皆さんを紹介します。

高齢者組織の復活

  老人会の復活を念願されていた前自治会長の意に沿う形で高齢者組織の立ち上げを考え、町内の熟年男女の皆さんに参加をお願いし、会員募集を行いました。趣旨に賛同された23人の方々が集まり、平成24年7月に立ち上げることができました。
  その後、賛同者が会合を開いて組織運営について話し合い、城東町の熟年パワーの結集を願い「城東シニアクラブ」と名前を付けました。活動の支援を頂ける城東町の皆さんと協働して活動していくことを確認しました。


餅つき大会

  城東町自治会は、お隣の城北町自治会と合同で年末に「餅つき大会」を行っています。一昨年は事情により開催できなかったのですが、昨年(平成24年)は再開することとなり、城東シニアクラブでは全面的に協力することになりました。
  道具(臼、杵、蒸し器)などの調達からもち米の準備、研ぎ、つけ置きと手分けをして行い、大活躍でした。

 当日は、たくさんの人たちが集まり午前10時から餅つきが始まり、タガネ餅3臼を含め11臼をつき上げました。子どもたちは、おそるおそる杵を使っていましたが、対照的に“昔取った杵柄”ベテランの方々の力強い杵捌きと流麗な手返しがシニアの存在を印象づけていました。
  つきあがった餅は、慣れない手付きながら、あんころきなこ・おかか・菜餅と4種類作り、皆さんに楽しんで食していただき、たいへん好評でした。

 

長生き餅

  町内には、80歳以上の方が47人おられます。でき立てのお餅をパックに詰めて、長寿と健康を祈念して「長生き餅」と名付け、これまで支えてくださったお礼の気持ちを込めてお配りしました。

 

城東倶楽部

 幸い、町民の活動拠点とシニアの隠れ家として借用できる家が見つかり、メンバーが集まって、部屋の掃除、庭の除草と大変でしたが、シニアパワーを発揮して無事にきれいになりました。「城東倶楽部」と命名して看板を掲げ、運用を開始しました。



これからの活動は…

  高齢者の生きがいを見つける場として、茶話会、カラオケ、囲碁・将棋、講話などを楽しみ、情報交換のできるお年寄りの隠れ家的な使い方をしたいと思っています。菜園に使用できるスペースを利用して、行事用の野菜も作ろうと考えています。
  また、世代交代を意識して子どもたちとの交流を通じて、私たちの経験してきたことを伝え、地域の支え合い活動に役立つように使っていこうと思っています。

問い合わせ先
 
  世話人代表 川村清治さん Tel. 059-359-5355

戻る