まなぼうや通信

 

根気とやさしさを求めています〜 「四日市点訳友の会」

秘密の暗号のような点字、点字は縦3点、横2列の六つの点を組み合わせて作る表音文字で、日本語の五十音だけでなく、アルファベットや楽譜も表すことができるそうです。地元の視覚障害者の方々が必要とするものを提供していきたいと活動している「四日市点訳友の会」をご紹介します。



点字の五十音 (抜粋)

四日市点訳友の会

 日本赤十字社三重県支部点訳奉仕団の支部として、1970年7月15日に発足しました。
  現在、30歳代から70歳代の約40人(男女比1:6)の会員が活動しています。
  会費は年間1000円です。

例会

  毎月第1・3金曜日の午前10時から正午に、四日市市総合会館3階で開催しています。
  点訳作業は、それぞれ自宅のパソコンで行い、例会では、事務的な打ち合わせや初心者指  導、 問題点の相談などをしています。



例会は、打ち合わせや相談の場になります

活動内容

  「和を大切に、明るく、楽しく」を合言葉に、次のような活動をしています。 

  *視覚障害者への点字本の作製
  *パーソナルサービス(個人からの依頼に応えて)
   中日新聞北勢版、文化会館催し物ご案内、時刻表、テレビ番組表、地区市民センターだよりなどの点訳 (お経   やアイドルの会報誌、レシピの依頼などもあるそうです)
  *点訳者の養成
  *中途失明者への点字指導(社協デイサービス事業)
  *点訳講座
   今年も10月、11月に初級、中級講座を行う予定で、広報で募集します。

点訳のテキスト、辞典

入会するには

  点訳講座を受講後に入会できます。
  「根気のいる作業ですが、人の役に立つだけではなく、勉強する素材が尽きることはなく、自分のためにも積み上げられるので、生涯学習にピッタリだと思います」と副代表の稲毛さんは笑顔で話してくださいました。

練習用点字

問い合わせ先

  伊藤順康 (としやす) さん Tel. 059-321-2688

戻る