まなぼうや通信


アロマの香りと音楽に包まれて… 花を生けます

流派や伝統にとらわれず、和風・洋風にこだわらず、季節の花や木の枝を使って、自由な発想で生け花を楽しみながら学習している「花歌」というグループをご紹介します。

作品を前にして記念撮影

始まりは…

 リーダーの渡辺 竜子さんは、子どもの頃、今は亡き祖父から生け花の手ほどきを受けました。
  現在、ピアノの講師をしていますが、花とふれあう時間を作りたいと思い、2010年2月に大矢知地区市民センターの広報を通して仲間を集めました。
  集まったのは40歳代から70歳代の主婦の方々で、みなさん花の好きな人ばかりでした。すぐに打ち解けあって会を作り、現在に至っています。
  音楽が大好きな渡辺さんは、グループの名称を「花歌」と名付けました。その季節に入手できる和洋折衷の花々を使って、自由な発想で楽しみながら生け花を学んでいます。

練習は…

  勉強会は、大矢知地区市民センターで、第2月曜日と第4月曜日に行っています。
  教室ではアロマオイルを焚き、クラシック音楽を流し、“癒しの空間”の中で、渡辺さんがみなさんに指導しています。
  この日は、水仙、ピンポンマム(ピンポン玉の形をした菊だと教えていただきました)、レンギョー、ホワイトレースフラワーなどを使って生けておられました。形を整えるためにはホッチキスや針金などを使うこともあるそうです。

真剣な表情で、出来上がりをイメージしながら…

苦労することは…

  教室で使う材料は、花屋さんにお願いしてそろえてもらうのですが、雑誌で見た流行の材料が欲しくても、この地方では扱っていなくて残念な思いをすることも少なくありません。
  材料によっては、自分がイメージしたとおりに形が整わず、ぜんぜん違った形になってしまう… といったこともあるそうです。
  出来上がった作品を持ち帰るのも一苦労です。時には車の後部座席に納まらず、せっかくの作品を壊して持ち帰ったこともあったそうです。

今後の活動は…

  始めてからまだ3年あまりなので人数が少なく、現在会員を募集中です。
  「月2回のこの時間を、多くの人と共有できればうれしいです。また、いずれは、展示会を開きたいと思っています」
   渡辺さんは、そう語っておられました。

できあがりました。本日の作品です。

問い合わせ先

  「花歌」リーダー 渡辺 竜子さん
  Tel. 090-9903-5351
 

戻る