まなぼうや通信


“健康年齢100歳”を目指して! 下野ヨガサークル

下野地区市民センターの和室では、「ヨガサークル」の仲間が “ヨガ”を通して「心」と「ポーズ」で心身を整えておられます。今回は「下野ヨガサークル」のみなさんを訪ねました。

ヨガのこと

  ヨガはもともと数千年前のインドが発祥の地とされ、「心(瞑想)」と「体勢(ポーズ)」の組み合わせから心身を鍛錬する修行方法とされています。
  日本では1200年ほど前、唐から空海(弘法大師)が密教の形で日本に伝えたと言われています。
  ヨガは昭和時代に広まりましたが、現在では、スポーツ選手のトレーニングとして実施されるものや、「健康ストレッチ体操」として取り入れられるのも一般的になってきています。
  特にここ10年ほど前からは、アメリカから日本に入ってきたダイエットや体形を整える方法の一つとして注目され、フィットネスクラブなどでは、エアロビクスと同じようなスタジオプログラムとして行われています。

 

太陽崇拝(座位と立位で合掌)のポーズ


下野地区のヨガサークル

毎週木曜日、10時過ぎから12時まで熱心に取り組まれています。目標は「健康年齢100歳」です。
  このサークルは、すでに30年を超えて継続されているとのこと、驚きと敬服の一言です。60歳代から80歳代まで仲間は10人を超えていますが、部屋の広さから、この数が限界で、何人もの人が順番待ちの状況です。

美しく爽快なポーズ

  ここで行われているヨガは、“ハタヨガ”と言われるもので、指導されている講師の小島愛子さんの言葉にリードされて瞑想の中でポーズが決まります。ポーズごとに健康の効能があり、決まったポーズには美しく爽快さが表現されます。

英雄のポーズ 消化器官と背筋を強くする 形が美しい

 

ポーズから決まる体の効能

  内臓を調整し、筋肉を鍛え、神経(心)を整えるなど基本の13ポーズがあります。さらに展開した多様なポーズもありますが、ここでは誰にでもできるポーズです。

座位背筋のポーズ 消化器官調整と心の安定をつくります (魚眼レンズで撮影しています)

肩立ち(逆転)のポーズ 血液調整と心臓を強化します  (魚眼レンズで撮影しています)


サークルの皆さん

  参加されている皆さんは、10歳以上若い年齢のように見られます。はつらつと体も動きますが、この後は、口もそれ以上に良く動きます。これが毎週のヨガの楽しみでもあります。皆さんは病気を知らず、目標はきっと達成できそうです。

問い合わせ先

  小川裕子さん Tel. 059-337-1553

戻る