まなぼうや通信

 

春風と共に、あのフラフェスタがやって来る!

 

皆さんは、目に見えない物の大切さやパワーを感じたことがありますか?例えば空気や風、音、香り、はたまた心、命、そして震災以来言われてきた絆…。

今回ご紹介する“フラフェスタ四日市実行委員会”の皆さんは、市内を中心にフラを学んでいるグループが出演する“フラフェスタ四日市”を見えない所で支えている方々です。
  皆さんはフラにどのようなイメージをお持ちでしょうか?南国のやさしい波の音、ウクレレやアコースティックギターのリズムに乗って、真っ赤なハイビスカスの花を髪に、首には美しいレイを、老若男女を問わず、海を泳ぐ魚のように、自由に空を飛ぶ鳥のように、軽やかに踊る姿を想像されるのではないでしょうか?
  “フラフェスタ四日市実行委員会”の皆さんは、多くの人が楽しむことができるフラフェスタの企画や運営、広報などを全てボランティアで行っています。

 

活動のきっかけは

  フラグループの皆さんから「発表する場が欲しい」と相談を受け、踊り手と観客が共に楽しむことができるよう、そして、市内商店街の活性化にもなればと活動を始めました。

 

活動の難しさや喜び

  平成27年4月開催のフラフェスタ本番に向けて、昨年10月より実行委員会の活動を開始し、まずは、参加グループの募集を行いました。5年前の開催当初と比べ、多くのグループの応募があることも、喜びだそうです。しかし、どんな活動にも、大小様々な問題がおこります。舞台の設営や当日運営をする人、準備段階でのスタッフの時間取り、大舞台に掛かる多額の経費、資金調達のためのスポンサー探しなど、きりがないとのことです。

  こうした数々の難問に直面しながらも、フラフェスタ終了後の「とても楽しかったよ」「来年もまた来るよ」といった参加された方や観覧された方からの一言が何より嬉しく、達成感と新たな力が湧いてきて、この活動を始めて良かった、これからも頑張っていこうと、強く感じているそうです。
  「今後も、四日市市内でフラを学んでいる人々の発表のお手伝いをし、また観客の皆さんの中からフラを学びたいと思う人がひとりでも増えることを願い、踊り手も観客も一体となって楽しみ、四日市にもっとフラの良さを広め、そして街の活性化にもつなげたい」と、おっしゃっていました。
 “フラフェスタ四日市実行委員会”の皆様の影の力に感謝して、満開の桜の下でフラを大いに楽しみましょう。
 春と一緒にやってくるフラフェスタ、待ち遠しいですね。

 

問い合わせ先

  フラフェスタ四日市実行委員会
  連絡先:三ア 昭吉さん Tel.059-359-3225
  URL:http://hulafesta-yokkaichi.net

 

フラフェスタ四日市

  平成27年4月4日(土)・5日(日)
  時間 12時〜15時30分ごろ
  場所 四日市一番街商店街 キタオカ横特設ステージ
  市内でフラやウクレレを学ぶ13グループが出演予定

戻る