まなぼうや通信

 

今日もタスポニーで、“いい顔、いい汗、いい仲間”

 

元気で明るい常磐タスポニークラブの皆さんを紹介します。

 

気軽にできるタスポニー

  球技といえば、テニス、サッカー、野球などいろいろと思い浮かぶと思いますが、皆さんは「タスポニー」というスポーツをご存知ですか?タスポニーは8m×4.1mのコートで高さ70cmのネットを挟み、直径17cm、重さ50gのスポンジボールを手で打つ球技です。難しいルールもなく、生涯スポーツとして、子どもからお年寄りまで気軽に楽しむことができます。


はじめに全員で準備運動をします
 
(左)常磐タスポニークラブ 足道 裕見子さん、(右)握手で試合を始めます

 

常磐タスポニークラブ

  1981年、名古屋市で生まれたタスポニーは、四日市でも15年ほど前から広まりはじめました。今では市内の小学校の体育館で多くの人が練習しており、常磐タスポニークラブでは、現在17名の方が活動されています。スポーツの経験のない私も体験させていただき、とても楽しむことができました。


試合の組み合わせをこのくじ引きで決めます

 

日頃の成果を大会で

  常磐タスポニークラブでは日頃の成果を発表する場所として、年2回の大会があります。経験や年齢に制限がないため、初心者でも参加することができます。地区外では、市や県、東海地方などの大会もあり、上達すればレベルの高い大会にも挑戦することができます。

 

クラブの皆さんの声

・手軽に楽しむことができ、失敗してもスカッとします。
・運動して若さを保っています。
・大会での初めての優勝はとても嬉しく、次も頑張ろうと思えました。
・試合でも、相手の笑顔が近くで感じられ、楽しむことができます。
などといった意見を、素敵な笑顔で答えていただきました。

 
 
練習風景

 
(左)転んで穴が開いてしまうこともあるそうです (右)膝をつくためサポーターは必需品です


  今後は、さらに輪を広げて、多くの人にタスポニーを知ってもらい、年齢や性別にかかわらず、一緒に楽しんでもらいたいとおっしゃっていました。
  ぜひ、皆さんも一緒に汗を流してみませんか。

 

問い合わせ先

  常磐タスポニークラブ
  足道 裕見子さん Tel.090-7045-2970
  活動日  水曜日(常磐西小学校)
        日曜日(常磐小学校)
         いずれも午後7時から午後9時まで

戻る