まなぼうや通信

 

和のわいわい座!「日本の伝統芸能」&「整膚・健康講座」

 

和太鼓・三味線・しの笛など、和楽器を使っての「民舞や太鼓演奏」。古くから伝わる日本の芸能「南京玉すだれ・獅子舞・かさ回し・皿回し」。「整膚(せいふ)・健康講座」。大人にも子どもたちにも、『笑顔と健康!』を届けたいと活動を続けている「和のわいわい座」を紹介します。

 

結成のきっかけは

  和楽器を使って、演奏者も見ている人も、和やかに「わいわい」と楽しみたいとの思いで名づけ、活動は今年で3年目になります。四日市市の保育園を定年退職後に始めた≪自分で出来る健康法≫である「整膚師」の勉強をきっかけに、お世話になった地域の方々や子どもたちに日本の伝統芸能の楽しさと健康の大切さを伝えながら、「笑顔と健康を届けたい!」「感謝の気持ちを伝えたい!」という思いで結成しました。


  
メンバーは

  50〜60歳代の元保育士と、39歳の現役看護師の女性5名で活動しており、そのうち2名の整膚師がいます。
  指導者はおらず、出演時のビデオや写真を見ながら、気付きを話し合い次につなげています。ビデオの中の自分を見つめる目は、みんな真剣そのもの!時には、ビデオの中の姿に涙が出るほど大笑いすることもあり、こうした毎回の反省会も楽しみなのだそうです。

 

活動の内容は

  「日本の伝統芸能」では和太鼓・三味線・しの笛などの和楽器を使った「民舞や太鼓演奏」、気ぜわしい毎日だからこそ、みんなでゆったりと歌う「季節の童謡」、日本に古くから伝わる芸能、「南京玉すだれ・獅子舞・かさ回し・皿回し」を披露します。また、 「整膚・健康講座」では、大人向けには「自分で肌をつまんでもどす、整膚健康講座」、親子向けには、「親子の絆を深めるスキンシップ整膚」のお話と実践を行います。整膚は、副作用なくリラックス効果が大きいので、体温上昇・自律神経の調整に効果があり、免疫力が上がります。
  四日市市を中心に、保育園・高齢者の施設・親子のふれあい広場・地域の行事等へ月に2〜4回参加しています。

 

今後の抱負は

  幼児期に、色々なものを見たり聞いたり感じたりして、「五感」を使うことで、「豊かな心」が育まれます。「和太鼓や三味線」の大きな音に驚き、「南京玉すだれ」の不思議さに心が揺さぶられることで、子どもたちの「心育ち」の体験のひとつになってくれると嬉しいです!
  大人の方も慌ただしい毎日の中で、ゆったりと童謡を歌い、懐かしい芸能を楽しんでください。
  そして、「肌つまみ整膚」「親子のスキンシップ整膚」を体験し、ぜひ健康に役立てて頂きたいと話されました。

 

問い合わせ先

  和のわいわい座
  代表 坂井まき子さん  Tel.090-1826-3915


戻る