まなぼうや通信


            この道一筋

発明一筋 堀内司さん 

 「まなぼうや通信32号」で紹介しました「みえアイデア発明研究会」会長の堀内司さん(79)は、NPO法人Mブリッジ特別講師、UD(ユニバーサルデザイン)楠の代表など幅広く活躍されています。
  その活動は多岐にわたり、「夢実現講座」、「子育て応援講座」の講師、日曜発明学校の指導、奥伊勢発明神社(偉大な発見や発明で世の中に貢献した北里柴三郎などが祭まつられている)の主催など、枚挙にいとまがないほどです。

発明の普及に貢献したとして東久邇宮賞を受賞されました


 一見、それぞれの活動には何の関係もないように見えますが、実は一貫した考えに基づいた行動だったのです。それは名刺をいただいて解りました。
 堀内さんの名刺には「太陽のように笑顔とハッピーになるよう行動する」と書かれています。いくら知識があっても、それを役立てなければ意味がない。そのためには行動することが必要なのです。
  堀内さんのバイタリティ溢れる行動力の原点はそこにありました。すべての人がハッピーになるようにという思いが常にあるのです。

 

日曜発明学校での講義

 「特許」や「実用新案」、「意匠」といった言葉はよく耳にしますが、つい特別人だけが関係する世界だと思いがちです。
 しかし、 堀内さんは、こうおっしゃいます。
「特別な人が考えた一つの大発明より百人の一般の人が考えた小アイデアのほうに意義があるんです」と。
 また、 「みえアイデア発明研究会」のホームページのなかで 「ユーモア発明を一つ考えれば、考えない人より一つ賢くなる」と、堀内さんは語っておられます。
  現在は、来年4月から施行される「障害者差別解消法」の指導カリキュラムをバス会社より委託されており、その準備に奔走されています。貴重な時間を割いての取材でしたが、快く応じてくださいました。


会員の方々の作品はさまざまな賞を取りました

 

問い合せ先
  堀内司さん Tel.090-8074-5412 

戻る